整体豆知識


HOME > 整体豆知識

整体豆知識(ブログより抜粋)

コラーゲンと「圧電現象」

最近「筋膜療法」(吉岡紀夫著)という本を読み返しました。12版を重ねているのでこの業界(笑)では相当売れている本です。

治療家であり専門学校の教員でもある著者が体の変形、歪みの治療法と理論を書いたものです。

経年変化した骨や筋肉組織を治すにはゆっくりと持続的な圧(ずり圧と呼んでいる)をかける方法が良いと述べています。

「骨の形は姿勢によって決まり、質は運動量で決まる」(ウォルフの法則)といわれます。

骨に外力が加わると骨の内部に応力が生じ骨は歪みますが、その応力が大きい部位ほど骨の組織が増殖し部厚く丈夫になり外力に抵抗します。

反対に、応力が小さい部位は骨組織が吸収されて薄くなります。このようにして、外力に対して最も適した骨の形態と構造が出来上がります。

しくみ的には凹む側に-電位、凸側に+電位が生じ、-側にカルシュウムイオンが集まり、造骨細胞によって骨がつくられる、というわけです。

この「圧電現象」はコラーゲン組織で顕著だそうです。つまり人体のタンパク質は構成上20%ですが、コラーゲン組織(骨、軟骨、骨膜、筋膜、腱、靭帯、真皮)はその1/3を占めています。

年を取ると骨折しやすいのはカルシュウムの減少よりもコラーゲンの減少が大きいようです。またO脚などの変形は運動能力の低下から骨膜が薄くなり圧電現象が低下することで骨の矯正作用が低下するのです。

したがって、膝が痛いからといってじっとしていられません。なるべく正しい姿勢で運動してコラーゲンに電気を起こさねばなりません。必要以上の”安静”は体に良くないようです。

(2015.6.11出稿)

ご予約・ご相談はこちらから

【住所】 〒934-0001 富山県射水市庄西町一丁目15-33

【受付時間】 9:00~12:00 ,14:00~20:00  【定休日】 日曜日、年末年始、当店指定日


大きな地図で見る
ご予約・ご相談

PageTop

サイドバナー

メニュー

当院のご案内

健友館しんみなと整体院

住所:〒934-0001
富山県射水市庄西町一丁目15-33

電話:0766-84-0243




健友館しんみなと整体院 住所:〒934-0001富山県射水市庄西町一丁目15-33 電話:0766-84-0243


HOME - 施術内容 - 料金 - お客様の声 - 当院のご案内 - ご予約・ご相談 - プロフィール

プライバシーポリシー - キャンペーン- よくある質問- アクセス- リンク集- 整体豆知識- 院長ブログ- サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。