整体豆知識


HOME > 整体豆知識

整体豆知識(ブログより抜粋)

こむらがえりを起こしたら...

「こむらがえり」は、下腿のふくらはぎの筋肉である腓腹筋やヒラメ筋が急に硬直して痙攣を起こした状態です。

激痛が起こり、ふくらはぎが引きつって、下腿を動かすことが出来なくなります。

就寝中、寝返りを打ったとき、長時間立ち仕事を続けたとき、登山や水泳、マラソンなど急激な足の運動のあとに起こりやすくなります。

一般には腓腹筋に起こりやすいため”腓腹筋痙攣”と同義語とみなされますが、他にも指・首・肩などもこの症状と類似した状態になる場合があります。

原因は神経ではなく筋肉固有の問題といわれ、神経終末部の過興奮ではないかとされますが、特定には至っていません。

もちろん健常者でも起きますが、さまざまな骨格筋にひんぱんに繰り返したりする場合は病的なものと考えられます。

脱水(発汗、下痢、利尿薬の服用)または電解質代謝異常(Ca、Mg、k)、腎不全、血液透析、甲状腺機能低下症、妊娠、脊髄性筋萎縮症や多発神経炎などの神経原性筋萎縮をきたす疾患、下肢静脈瘤などで頻発することが多いので、そのような疾患も考慮する必要があります。

腓腹筋のけいれんは、ふくらはぎ、つま先の伸展により緩むため、起きたら足指の先を引っ張り、ひざを伸ばします。軽いマッサージ、温浴も症状改善に役立ちます。

予防としては、運動前後のストレッチ体操、運動・発汗後の塩分補給などを行うとよいでしょう。

基礎疾患や原因となる疾患があれば、その治療も加えておく必要があります。また筋マッサージ、ホットパックなどの理学療法も有効です。

またスポーツでは予防として運動前にクエン酸を摂取することもあります。

こむらがえりは一度起こすと繰り返し起こりやすいので、日頃足に疲労が溜まらないように注意しましょう。

(2016.3.28出稿)

ご予約・ご相談はこちらから

【住所】 〒934-0001 富山県射水市庄西町一丁目15-33

【受付時間】 9:00~12:00 ,14:00~20:00  【定休日】 日曜日、年末年始、当店指定日


大きな地図で見る
ご予約・ご相談

PageTop

サイドバナー

メニュー

当院のご案内

健友館しんみなと整体院

住所:〒934-0001
富山県射水市庄西町一丁目15-33

電話:0766-84-0243




健友館しんみなと整体院 住所:〒934-0001富山県射水市庄西町一丁目15-33 電話:0766-84-0243


HOME - 施術内容 - 料金 - お客様の声 - 当院のご案内 - ご予約・ご相談 - プロフィール

プライバシーポリシー - キャンペーン- よくある質問- アクセス- リンク集- 整体豆知識- 院長ブログ- サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。