整体豆知識


HOME > 整体豆知識

整体豆知識(ブログより抜粋)

骨盤が緩むと0脚に

骨盤が緩むと「O脚」になります。なぜかというと、骨盤は本来下すぼまりの洗面器型をしています。正面からみると逆三角形で、それに関節している大腿骨は下が狭まり膝がくっつきます。

お尻も締まった小尻で、脚全体にも脂肪がつかず内臓も下垂しません。一方、骨盤が緩むと、裾広がりの形に。正面からみると、「四角形」に近くなります。大腿骨も広がるため、膝がくっつかず「O脚」に。お尻は大きく、垂れ気味。内臓も下垂し、下の病も起こりやすくなります。 O脚のマイナス面は

①いつも脚が開いていて見た目が悪い

②重心が後ろにかかり、ヒップが下がる

③膝下の外側を走る「腓骨」が横に出っ張り、前からみると脚が幅広になる

④緩んだ骨盤のせいでお尻が大きくなるため、腿の後ろ側にも肉がつく---などです。

自分のO脚の原因をチェックしてみましょう。

踵をつけて立ち、足先を60度くらいに開きます。隙間が特に「太ももから脚の付け根にかけて」開いているようなら骨盤が原因のO脚です

一方、「膝から下」の方が大きく開いているようなら足首や膝に問題があるようです。こちらの方が厄介です。幼児の頃に歩き始めた際、合わない靴や歩き方の癖などが積もり積もって足首や膝が変形してしまったのです。これはなかなか治りにくいです。

O脚の矯正をするには、骨盤と膝の2箇所を締めます。前回お話した骨盤ベルトで骨盤を締め(前後、左右気持ち良い方向で結ぶ)、さらに膝のお皿の下端から5センチほど下を”前から後ろ”に締め、膝の後ろで結びます。

この2箇所を締めたら、テーブルなどに手を置いて膝を少し曲げ、腰を右回り、左回りにぐるぐる回します。楽に回せる方に10回、回しにくい方に5回というように繰り返すと、回しにくい方もスムースに回すことが出来るようになります。回している内に骨盤や膝の歪みが取れ、正しい位置に収まります。

(2014.11.2出稿)

ご予約・ご相談はこちらから

【住所】 〒934-0001 富山県射水市庄西町一丁目15-33

【受付時間】 9:00~12:00 ,14:00~20:00  【定休日】 日曜日、年末年始、当店指定日


大きな地図で見る
ご予約・ご相談

PageTop

サイドバナー

メニュー

当院のご案内

健友館しんみなと整体院

住所:〒934-0001
富山県射水市庄西町一丁目15-33

電話:0766-84-0243




健友館しんみなと整体院 住所:〒934-0001富山県射水市庄西町一丁目15-33 電話:0766-84-0243


HOME - 施術内容 - 料金 - お客様の声 - 当院のご案内 - ご予約・ご相談 - プロフィール

プライバシーポリシー - キャンペーン- よくある質問- アクセス- リンク集- 整体豆知識- 院長ブログ- サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。