整体豆知識


HOME > 整体豆知識

整体豆知識(ブログより抜粋)

骨盤のねじれ(後傾)

今回は骨盤の後傾をみてみます。後傾は前の腰骨が上がり、後ろの腰骨が下がる状態です。反り腰の反対で、高齢者に多く見られる姿勢です。膝が曲がり、腰部も凸で、猫背です。首はバランス上、上向きとなります

筋バランスでいえば、骨盤の前を押し上げる腹筋と、骨盤の後ろを押し下げる大臀筋、ハムストリングス(腿の後ろの筋肉)が”こわばり筋”です。そして骨盤の前を引き下げる腸腰筋、大腿直筋と骨盤の後ろを引き上げる脊柱起立筋が”ゆるみ筋”です。

骨盤後傾は高齢者に多くみられますが、骨盤後傾、円背、膝屈曲、股関節外旋、O脚といったアライメントなのでバランスを崩しやすく、転倒しやすい姿勢といえます。また若い人で後傾の方は椎間板ヘルニアのリスクもあります。

このこわばり筋をストレッチで伸びやすくすればよいのですが、簡単に伸びない場合がみられます。そのような場合は、拮抗筋のエクササイズを先に行うことで主働筋がゆるんで伸びやすくなります(相反抑制といいます)

またこわばり筋に負荷をかけ、緊張させた直後のゆるみ反応(自己抑制)を活用したストレッチを行います(これは筋肉が限度を越えて収縮するとセンサーが働いて収縮を緩める働きです)。

最初の相反抑制はスポーツの練習前の柔軟体操でもよく使います。たとえば体前屈を行うとき、背中を押すときに相手に押し返す動きをさせたあと押すと、柔軟性がまします。座って開脚をさせるときも、補助者の足をはさむように両脚を強く締める動きをした後で開脚させると効果が上がります。

なお、骨盤の前傾、後傾については、腰骨の前後を結んだ角度と後ろの腰骨を通る水平な線との角度が8~10度が標準で、これより大きな角度だと前傾、小さいと後傾とします。

(2014.11.4出稿)

ご予約・ご相談はこちらから

【住所】 〒934-0001 富山県射水市庄西町一丁目15-33

【受付時間】 9:00~12:00 ,14:00~20:00  【定休日】 日曜日、年末年始、当店指定日


大きな地図で見る
ご予約・ご相談

PageTop

サイドバナー

メニュー

当院のご案内

健友館しんみなと整体院

住所:〒934-0001
富山県射水市庄西町一丁目15-33

電話:0766-84-0243




健友館しんみなと整体院 住所:〒934-0001富山県射水市庄西町一丁目15-33 電話:0766-84-0243


HOME - 施術内容 - 料金 - お客様の声 - 当院のご案内 - ご予約・ご相談 - プロフィール

プライバシーポリシー - キャンペーン- よくある質問- アクセス- リンク集- 整体豆知識- 院長ブログ- サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。