整体豆知識


HOME > 整体豆知識

整体豆知識(ブログより抜粋)

腰痛について②(筋、筋膜性腰痛)

私たちが腰痛で整形外科を受診したとき、レントゲン、血液検査、尿検査など様々な検査を受けますが、検査では異常が認められない場合、「腰痛症」と診断されます。

「腰痛症」とはとりあえずの名前で、病名ではありません。まさにつかみどころのない腰の痛みが腰痛症の特徴なのです。

じわじわと痛みが起きるこの腰痛の特徴を考えるとき、ある刺激を日常繰り返し受けているに違いない、といったことがわかります。

デスクワークや車の運転を長時間続けたり、台所仕事や掃除を長くやった後、背骨の両側の筋肉が張って重苦しくなります。

このように悪い姿勢、あるいは同一姿勢を続けることによって起こる筋肉疲労が痛みの主な原因である腰痛を「筋、筋膜性腰痛症」といいます。

痛みの出やすいところは、圧力が最もかかる第五腰椎と仙骨の間です。この部分の筋線維が傷つくと痛みとともに防御反応があらわれます。

切れた筋肉の傷口が広がらないように周囲の筋肉が緊張し、硬くなります。ここで循環障害が起こります。循環障害が続くと「嫌気的代謝」が起こり、乳酸が溜まり、筋肉が硬くなります。

つまり、筋肉の硬化が血流不足を起こし、酸素不足が嫌気的代謝を促し、それによる乳酸の蓄積がさらに周囲の筋肉の硬化をもたらす、というわけです。

腰痛の人はよく痛い部分が移動するといいますが、こういう理由からです。

痛み方は「重苦しい」「だるい」「こわばる」「こる」などいろいろですが、”鈍い痛み”であることは共通です。

横になったり、腰を伸ばしたり、またお風呂に入って温めると軽快しますが、それも一時的なもので、原因を取り除かなければ再び痛みが起こります。

最初は軽い症状でも繰り返すうちに椎間板ヘルニアになることもあるので注意が必要です。

(2015.1.21出稿)

ご予約・ご相談はこちらから

【住所】 〒934-0001 富山県射水市庄西町一丁目15-33

【受付時間】 9:00~12:00 ,14:00~20:00  【定休日】 日曜日、年末年始、当店指定日


大きな地図で見る
ご予約・ご相談

PageTop

サイドバナー

メニュー

当院のご案内

健友館しんみなと整体院

住所:〒934-0001
富山県射水市庄西町一丁目15-33

電話:0766-84-0243




健友館しんみなと整体院 住所:〒934-0001富山県射水市庄西町一丁目15-33 電話:0766-84-0243


HOME - 施術内容 - 料金 - お客様の声 - 当院のご案内 - ご予約・ご相談 - プロフィール

プライバシーポリシー - キャンペーン- よくある質問- アクセス- リンク集- 整体豆知識- 院長ブログ- サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。