整体豆知識


HOME > 整体豆知識

整体豆知識(ブログより抜粋)

腰痛について⑦(腰椎椎間関節症)

長い間立ち続けたり、腰を後ろに反らすと特に腰が痛む...。このような症状は「腰椎椎間関節症」の特徴です。

45~50才以上の人に多くみられ、腰椎第3-4、第4-5、第5-第1仙椎の椎間関節によく起こります。加齢に伴い椎間関節の軟骨が磨り減り、椎間板も傷んできて椎間板腔の高さが低くなると、それだけ椎間関節にストレスが強くかかります。

また背骨を後ろに倒したり、腰椎の前湾が強くなって腰が前に反ると、椎間関節は大きな圧迫を受けます。

したがって、お尻が後ろに突き出した姿勢の人やうつ伏せに寝る習慣のある人は腰の前湾カーブを増すこととなり、椎間関節にとっては負担となります。

主な症状は腰痛ですが、症状が進めばお尻から鼠径部、太ももにかけて痛みが広がっていきます。膝から下には痛みが広がらないのが普通ですが、椎間関節が変形を起こして骨棘が出来、それが神経を圧迫すると膝下にまで痛みが出ることがあります。

椎間関節に痛みのある人は、ハイヒールはよくありません。太った人はどうしても前に出たおなかとのバランスをとるため腰の反りが強くなるので、体重を減らすことも必要です。

寝るときは膝の下に枕を入れて寝ると、背骨がやや丸くなり、腰の前湾カーブが減少するので痛みが和らぎます。

また長時間立つ場合、片方の足をやや前に出した”休め”の姿勢、膝を軽く曲げて骨盤を後ろに回した姿勢、足を前に出して壁に寄りかかったり片方の足を低い台にのせるなどの姿勢をとることが腰の前湾カーブを減らし、椎間関節に負担をかけない姿勢です。

椎間関節症は50歳前後から高齢者にかけて腰痛のかなりの部分を占めていますが、普段から良い姿勢を心がけることで、この種の腰痛を防ぐことができます。

(2015.2.17出稿)

ご予約・ご相談はこちらから

【住所】 〒934-0001 富山県射水市庄西町一丁目15-33

【受付時間】 9:00~12:00 ,14:00~20:00  【定休日】 日曜日、年末年始、当店指定日


大きな地図で見る
ご予約・ご相談

PageTop

サイドバナー

メニュー

当院のご案内

健友館しんみなと整体院

住所:〒934-0001
富山県射水市庄西町一丁目15-33

電話:0766-84-0243




健友館しんみなと整体院 住所:〒934-0001富山県射水市庄西町一丁目15-33 電話:0766-84-0243


HOME - 施術内容 - 料金 - お客様の声 - 当院のご案内 - ご予約・ご相談 - プロフィール

プライバシーポリシー - キャンペーン- よくある質問- アクセス- リンク集- 整体豆知識- 院長ブログ- サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。